FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 火星7室在住は最強のクジャドーシャ

親愛なる読者の皆様、今晩は。
7室に在住する火星はクジャドーシャと言われており、火星の悪影響が出やすく、その影響は離婚に繋がると言われていますが本当にそうなのでしょうか?

D1チャート
キャプチャ
チャートの男性は牡牛座ラグナになるので7室は蠍座になりますが蠍座には強い火星とケートゥが在住なので端的に定座ですがクジャドーシャの影響がどうなっているのか気になる所ですが7室ケートゥはなかなか良い配置ではない。

結婚ですがマハー金星期の最後の終わりの時期である金星ーケートゥ期に結婚しています。金星はラグナロードであり、ジャイミニのDKでもあります。ケートゥは7室に在住しています。人生が流れて2009年3月に夫婦の間に議論が勃発して妻が家を出ていったという。ダシャーは共に11室に関わる太陽ー木星ー木星期の時期でアンタル木星が始まった時期でした。太陽と木星は共にラグナロードの金星にとっては敵対する惑星の時期です。

それ以後の事が書かれていないので不明なのですがアンタル木星期に離婚した事が濃厚になっています。太陽と木星はD9ですら太陽は7Lで11室に在住し、木星は11Lで8Hという配置です。この場合、強い7室の火星は多分に接合するラーフ&ケートゥの影響があると思いますがやはりクジャドーシャの影響が強く出ている事になります。D9の火星ですが水瓶座ラグナで3、10Lで7室太陽星座に在住しています。なのでマハー太陽期の時期にクジャドーシャの影響が出てしまった事になるようです。

火星は怒り・衝動・刺激などの性質があるので人は十分に考えずに行動に出てしまう。怒りが優勢になると人はモノを考える事が難しくなりますがその影響こそ、クジャドーシャをもたらす原因です。不適切な火星の決定と行動は基本的に間違っているのでその結果は悲惨な結果を招く事になりやすい。そのような影響を総称してクジャドーシャとして恐れられている可能性があるようです。

♡♡♡ インド占星術 結婚の有料鑑定のご案内です。インド占星術の結婚の有料鑑定については真剣に時間をかけて精査しております。

☆☆☆ インド占星術による総合鑑定のご案内です。インド占星術の総合鑑定の有料鑑定については真剣に時間をかけて精査しております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ