FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 牡牛座の金星

親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今回は金星と星座の続きで「牡牛座金星」になります。

金星がマイホーム在住は非常に強い組み合わせです。
その1、牡牛座金星
牡牛座金星が支配する星座で、生まれた時に金星牡牛座に位置している人は、金星が愛と美の星であることから、非常に美しく魅力的な傾向があります。このような人は独立心が強く、自由を奪われることを好みません。自然や快楽、刺激的な生活を好む傾向が強いです。金星が牡牛座にある人は、非常にエレガントで洗練されており、マナーも洗練されています。ダンスや音楽の趣味は格別で、とても豊かです。芸術的なことを追求するのが好きです。

お金持ちで、豪華な家や車に囲まれて、贅沢な生活をしたいという強い願望があります。また、魅力的に見られたいと思い、美容には時間とお金をかけます。また、褒められたいと思っています。彼らの性欲は非常に地に足がついたもので、自分が必要とするものに関しては非常に現実的です。しかし、生活の安定を求めているため、忠実で不変的な傾向があります。恋愛におけるアプローチは非常に直接的でシンプルです。彼らは自分たちの関係を真剣に考え、恋愛を慎重に扱う傾向があります。


その2、牡牛座の金星

出生時の金星が牡牛座にあれば、多くの妻と宝石に恵まれ、農業を営み、香りと花輪と衣を持ち、牛のために生活し、慈善事業を行い、親族を養い、容姿が良く、多くの分野を学び、多くのものを与え、生き物を助け、主要な人物となる。


その3、牡牛座の金星

この人はよく造られ、ハンサムで、心地よく、花が好きで、香りがあり、農業従事者で、裕福で、友好的で、敵はいないでしょう。 彼には多くの息子と多くの妻がいる可能性があり、尊敬され、尊敬されます。彼はダンスを好み、喜びを好み、自然を愛し、優雅さを持ち、宝石、美しいローブ、花輪、牛の数を持ち、慈善的であり、親戚を維持し、多くの枝で学び、多くのものを与え、助けます生き物。彼は社会の首長/頭になります。これは干支の2番目の家であり、スピーチであり、ネイティブは他の人を感動させるのにとても甘いでしょう。

金星は、固定された、素朴な、さらにはサインである独自のサインにあります。おうし座の金星は、多くの女性との付き合いにその人の愛情を与えます、または異性が彼/彼女に魅力的であるほど魅力的であり、香りと花が好きです。彼は勇敢で、彼の知性から稼ぎ、王に敬意を表され、有名になり、彼の親戚と一緒に幸せになるでしょう。ここの金星は、必要なすべての国内品、世帯主の楽しみ/所有を授けます。農業、四足動物の繁殖、酪農の運営、獣医クリニックなどの追求で利益が得られる可能性があります。他の人を助ける傾向は、彼に社会で立派な地位を与えます。苦痛によっては、軽度の眼疾患もあるかもしれません。


その4、牡牛座の金星
金星がおうし座にいるとき、それは人を本当に愛情深く愛情深くする傾向があります。その人は愛する人を大いに気にかけます。同時に、彼/彼女は時々所有格になることもできます。時には嫉妬しがちですが、その人は家族や友人に対してもかなり寛大です。物的所有物は、セキュリティと安定性に貢献するため、非常に重要になります。贅沢と快適さを実現するには、多くのハードワークが必要になります。お金を稼ぐことが可能であれば、その人はそうすることに熱心になります。その人は、音楽、美しさのための一般的な愛、芸術と良い生活のための才能を持っていることが多いでしょう。金星は牡牛座に置かれた場合、その影響力を増加させることになる第二の家を通過するとき。その人は、物質的な安全性をもたらし、審美的になるものを取得したいと考えています

喜ばしい。その人は美しさを大いに愛し、他の人を引き付けるために気分が良くなりたいと思うでしょう。そのような原住民は所有格であり、愛する人を所有格と見なします。その人は寛大かもしれませんが、彼/彼女は単に誇示するためにそれを使用することもできます。その人は、平和と調和の中で生きるそのような傾向を防ぐ必要があります。

その5、牡牛座の金星

金星が牡牛座に配置されると、それ自体が舞台となるため、金星が領域全体を完全に支配し、統治することになります。この組み合わせは、牡牛座の出身者に支配惑星である金星の強い影響をもたらします。

牡牛座の金星を持つこの分野の人は、高い粘り強さと忍耐力を持ち、人生にリスクをおかさない、快適さを愛する人です。これらの人々は、より慣習的で、より強く原始的な考えに縛られていると思われます。このような人は、自然な魅力を持ち、独立したアプローチをします。牡牛座の金星の影響を受けると、自然に傾倒し、より空想的なアプローチをするようになります。これに加えて、彼らは根っからの音楽好き、芸術好きです...

簡単に五つほど情報を集めましたが、自室を支配する金星の影響は素晴らしい事が示唆されているようです。

金星の簡単な象意を載せますと
金星の惑星はすべて、欲望、富と富への欲求、官能的な喜びへの欲求、バラ色のメガネから世界を見たいという欲求、美しさと創造性に囲まれたいという欲求、そして最後になりましたが、ロマンスになり、これらすべての喜びを特別な誰かと共有したい。
ヴェーダ占星術によると、金星は愛を擬人化したものであり、感情的な愛着、肉体的な魅力、結婚、組合、パートナーシップ、芸術、文化、創造性、幸福、情熱、そしてすべてが美しいものです。
金星は私たちに他の人の中で何が最善かを理解することを教えています。それはまた、物質的な快適さへの推進力を与えます。それはあなたがどのように社交し、ふけるかを支配します。
金星は、五感、嗅覚(香り)、味わい(贅沢な食べ物)、音(音楽)、光景(美しさ、芸術)、触覚(贅沢な質感)に関連する喜びに関心を持っています。魅力、落ち着き、優雅さ、礼儀正しさ、そして文化も、この絶妙な惑星の領域に属します。

結婚や恋愛の鑑定依頼は以下になります。基本的に時間をかけて徹底的に精査しています。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
結婚や恋愛の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ