FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 結婚のためのハウス

親愛なる読者の皆様、今晩は。
このブログはヴェーダ占星術関連の結婚・恋愛に関する情報ブログなのでそのようなネタを日々見ているのですが、とあるサイトによると結婚のためのハウスの事が書かれていました。

それによるとヴェーダ占星術による結婚の主軸のハウスは7室です。これに関しては今後も時間が経過したとしても7室が主軸として動く事に変化が生じる事がなさそうです。

この場合の7室
・ラグナから見た7室
・マハーロードから見た7室
・金星から見た7室

この7室をD1とD9で精査する事により深い情報を得る可能性があります。
次に重要なハウスは2室になるようです。

2室は家族を表しており、結婚によって家族の一員として追加されます。従って2室は結婚に関して影響をもたらすハウスになります。次に重要なハウスは11室になります。11室は友情の家であり、人生のパートナーは真の生涯の友人です。また、11室は自分の欲望、希望、願いを叶えるハウスでもあります。恋愛結婚の場合は、5室も考慮する必要があります。

ハウス的には主に7室、2室11室5室となるようですが、7室が主軸なので7室に凶星の影響があると確実に結婚イベントに対して遅延・障害・困難として機能する事になりやすいです。

私が見てすぐに感じるのは
7室土星の遅延
7室ケートゥの孤立と無関心、繋がりの薄さ。

ヴェーダ占星術では凶星は、土星、火星、太陽、ラーフ、ケートゥとありますが、一定量のチャートを見て感じたのは、土星ケートゥは確実に7室の足を引っ張る行為が生じる事が読み取れました。ですが、土星の7室は遅延ですが、否定ではないので遅くとも結婚が出来ますが、ケートゥの場合は独身のケースになる事もあります。

結婚や恋愛の鑑定依頼は以下になります。基本的に時間をかけて徹底的に精査しています。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
結婚や恋愛の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ