FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 惑星の組み合わせ

親愛なる読者の皆様、こんにちは。
本日は様々な惑星の組み合わせの影響を見ていました。

インド占星術において恋愛結婚の惑星は金星が主軸になります。そのため、金星とどの惑星が絡むかにより、行為(カルマ)がどのように出るのかが分かると思われます。

非常に良くない組み合わせは金星火星ケートゥの組み合わせになります。

簡単な金星の象意は愛情、結婚、芸術、音楽、快楽、調和、文化、恋人、妻、生殖器、視力、喉、腎臓、腰部。
火星の象意は闘争、力、情熱、怒り、短気、速さ、火、犯罪、スポーツ、建設、兄弟、筋肉、肝臓、血液。

この二つの象意を見ると
愛情+闘争
愛情+情熱
愛情+力
愛情+怒り
愛情+短気

危険な組み合わせは
愛情+闘争
愛情+怒り
愛情+短気
愛情+力

愛情が怒りや闘争、短気に火が付くと力が発動し、暴力に繋がる事になるのは必定。この組み合わせ自体が、どうやらドメスティック・バイオレンスに繋がる組み合わせになる。火星は火元素なので常に最善のコントロールが必要になる惑星です。

ケートゥの象意は純粋、異常、禁欲主義、精神主義、哲学、真我、解脱、外国人、切り傷、潰瘍、伝染病。

この三つの惑星に繋がりがある場合、夫と妻の間の紛争、別居または離婚を示します。木星がアスペクトする場合、妥協があります。

端的に離婚や別居のシグナル。この繋がりに保護をもたらすのは木星の保護が重要になりそうです。それがない場合、夫と妻の間の紛争から別居または離婚に繋がる事になりそうです。

ケートゥ自体が分離、孤独、無関心を意味する惑星。夫と妻の間で紛争は確実に起きますが、それに飽きてしまうと確実に無関心になり、簡単に感情や心が分離、孤独に向かう事になる。その結果が別居または離婚に繋がってします。

最後の救いは寛容と慈悲、知恵を司る木星の保護になる模様です。この場合、良い意味での大人の木星でない限り、夫と妻の間の紛争は当たり前の夫婦になるのでコントロールが難しくなると思われます。

結婚恋愛の鑑定依頼は以下になります。基本的に時間をかけて徹底的に精査しています。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
結婚や恋愛の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ