FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 金星と火星

親愛なる読者の皆様、こんにちは。
恋愛というのは、惑星的には金星火星の組み合わせが重要な可能性が高いです。

金星の心理面の象意は
愛情、 親しみ、 愛、 優し さ、 社交性、 調和、 バランス、 上品、 優雅、 洗練 さ れ た 官能。 あるいは、 怠惰、 虚栄、 感傷、 悪徳、 官能 の 堕落、 悪趣味、 下品。

火星の心理面の象意は
目的 に 向かう エネルギー、 力、 勇気、 情熱、 行動、 闘争 精神、 活気、 活力。 あるいは、 怒り、 短気、 性急、 せっかち、 一貫性 の 欠如、 不安定、 気力 や 勇気 の 欠如、 妥協 を 許さ ない 態度。

恋愛金星の愛に火星の情熱が組み合わせる事により、恋愛が生まれて行動が伴う可能性が高いですが、凶星やドシュタナが絡む支配星の影響がある場合、金星の負を意味する悪徳、 官能 の 堕落が生まれる可能性があります。即ち、不倫等に走りやすい事を意味します。

キャプチャ
金星火星は強い性への情熱にもなりますが、子供がいない人のサプタムシャを見ると7室は精神性が強いケートゥが在住し、魚座に在住している事になります。かなり7室に関して興味が薄い事を意味し、子供のカラカ、7室の支配星の木星は8H。ラグナ自体が不能を意味する水星が支配する乙女座。

5室を支配するのは土星ですが、土星は火星と相互アスペクトになり、火星は5室にすらアスペクトが働いています。土星自体は5室から見た12室の4室に在住。5室自体には強い月と、1、10Lの水星のアスペクトが働きますが、他の配置の影響の方が勝っている事になるようです。何より7室が可動しない事には始まらず、性の金星は6室在住。

このチャートの金星と火星の配置は5-9関係で悪くはないですが、結びつきはなしとなっているようです。

結婚運・恋愛運の鑑定依頼は以下になります。時間をかけて詳細な分析になりますのでじっくりやり取りをしたい人向けになります。
↓↓↓
インド占星術による詳細な結婚・恋愛・対人関係の流れをお教えします
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ