FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 魔性性と三つの惑星

親愛なる読者の皆様、こんにちは。
何気に魔性の女性のチャートを見ていました。

キャプチャ
魔性の女性は、とにかく金星が非常に強めでした。金星はいずれも5室恋愛(同時に12室も支配する)をしてD1の金星は天秤座の定座、D9の金星は魚座の高揚に配置されていました。

ただ、金星自体のジャイミニのチャラカラカを見ると金星こそがGKである負をもたらす惑星でもありました。また、もう一つの絶対的な特徴は非常に強い金星と男性惑星で6、11室を支配する火星が緊密に接合している事が重要なシグナルとして示唆されていました。

Ve 17:28 GK
Ma 18:09 BK

この組み合わせが非常に恋多き人生を意味するものと思われ、金星と火星のナクシャトラはスヴァ―ティの第四パダに在住しているのでナクシャトラロードは貪欲を意味するラーフ。サブロードすらラーフが支配星になっています。ラーフは欲望に忠実な惑星で欲望に溺れさせます。

この女性の恋愛の組み合わせの一つは金星と火星、そして深い部分でラーフの強い影響がある事が分かりますが、ラーフは対人関係を意味する7室に強い木星と接合している事になるようです。そしてラーフのナクシャトラロードが恋愛を支配する金星という事になります。

この組み合わせは5室+7室。
惑星は金星+火星+ラーフ。

ラグナから見ると5室+7室の組み合わせですが、性の金星や月から見ると7室と8室が絡んでしまうので恋愛事は抑えきれることが出来ないので不倫などにもこだわりがない精神性が出てしまう事になりそうです。最も欲望に忠実なのは私的にはラーフだと思います。

結婚運・恋愛運の鑑定依頼は以下になります。時間をかけて詳細な分析になりますのでじっくりやり取りをしたい人向けになりますが、逆にいうと良い・悪い部分が分かる事になるのも確かです。
↓↓↓
インド占星術による詳細な結婚・恋愛・対人関係の流れをお教えします
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ