FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 晩婚の占星術

親愛なる読者の皆様、こんにちは。
最近は、都合的に晩婚に関するネタを調べているのですが、イベントへの遅延の代表惑星は土星

49歳で結婚したチャートを見ると
キャプチャ
チャートを見ると7室に当たり前のように逆行する土星が在住しているようです。また、12室から火星のアスペクトが働いています。

インド占星術の考えでは、このチャートの持ち主は男性ですが、男性の場合の妻は金星が重要になります。このチャートの金星はDKでもあります。金星は3、8室を支配して1室で高揚する惑星。

土星はラグナと金星から見た7室に在住しています。土星は7-11室間の星座交換があり、月から見ると3-7室間の星座交換の配置になるようです。

通常、結婚が遅れる原因は土星です。最も重要な配置は7室に在住する土星です。7室の土星は、木星や金星から肯定的な影響を受け取らなければ、結婚を確実に遅らせると言われていますが、このチャートの場合は、金星のアスペクトが7室に働いていますが、それでも晩婚そのものの49歳で結婚しています。

チャラダシャーで見る結婚した時期は乙女座ー魚座期でした。
乙女座はラグナから見た7室。
魚座は乙女座から見た7室であり、DKが在住するハウスでもあります。

この土星はPKだったのでマハー乙女座期は子供を得る時期でもあったようです。ナヴァムシャだと乙女座ー魚座ラインは9-3ラインであり、サプタムシャだと9-3ラインになっていたようです。このチャートのDKNは機能していません。必要以上にDKNを重視する事は読み手の精度を誤らせる可能性を度々感じています。

結婚運・恋愛運の鑑定依頼は以下になります。時間をかけて詳細な分析になりますのでじっくりやり取りをしたい人向けになりますが、逆にいうと良い・悪い部分が分かる事になるのも確かです。
↓↓↓
インド占星術による詳細な結婚・恋愛・対人関係の流れをお教えします
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ