FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 7室ラーフの象意

親愛なる読者の皆様、こんにちは。
2020年の結婚運・恋愛運・対人関係の鑑定を受け付けています。この分析は主に近未来の集中的な分析になります。
↓↓↓
インド占星術による2020年の結婚運・恋愛運・対人関係を知り尽くす

本日は7室に在住する単純なラーフの象意を見ていました。

1、それは彼を世俗的に賢くします。これは、7番目の家にラーフが存在するためです。これは、通常24〜42年の範囲にある7番目の家が意味する期間の社会的地位と評判を大切にします。

2、パートナーシップは、昇進、愛、情熱、ソウルメイト、長期的な関係、社交性、自己の昇華、調和、正義、既知の敵、個人的な企業、公共のイメージを獲得します-強調されます。

3、パートナーシップは、昇給、愛、情熱、心の友、長期的な関係、社交性、自己の昇華、調和、正義、既知の敵、個人的な事業、公共のイメージ-強調されます。

4、7番目の家は、自分のことから上に上がって社交的になる家族の家です。7番目の家にいるラーフの存在は、これらの関係の形成を助けます。

5、これを受け入れるのは難しいですが、配偶者は通常、彼よりも成熟しており、富の増大は結婚後に行われます。

6、ラーフがこれらの関係の形成の動機よりも低い原則またはエネルギーで作業している場合、問題が生じやすく、バランス感覚が維持されず、さまざまなレベルで誤解、分裂、さらには虐待が引き起こされます。

7、セクシュアリティに関するバランス感覚が欠如しているため、より暗い側面が引き継がれています。

8、ラーフのこの地位にある人は、カウンセラー、心理学者、経営の専門家、プロジェクトコーディネーターなどの人々に関連し、それらを扱うことを含む職業を楽しんでいます。彼らは、より大きな組織の中で働くよりも、むしろ小さな個人的な組織のボスになりたいので、通常は自分で何かを始める

9、アセンダントで上昇しているケートゥは、通常、性格に精神的な側面を追加し、自己消極的な性質を与えます。


実際には支配星の状態を精査する必要がありそうですが、セクシュアリティに関するバランス感覚の欠如は確実に機能する可能性があり、ラーフに強度があるなら、世俗的に賢くするのも確実そうです。ラーフに凶星の影響が強いと誤解、分裂、さらには虐待が必須になりそうです。

全般的な結婚運・恋愛運・対人関係の鑑定なら以下になります。こちらは長期スパンで分析します。
↓↓↓
インド占星術による詳細な結婚・恋愛・対人関係の流れをお教えします
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ