FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 トランジットの影響

親愛なる読者の皆様、こんにちは。
チャートを見ていると人生のイベントはダシャートランジットの影響により、説明が可能です。

結婚お付き合いの時期に関しては何より「トランジット金星」の影響が濃いようです。この影響力にはいつも驚いています。恋愛事は金星を極めるべし。一応、女性なら木星、火星の影響。男性なら金星の影響を見る事により、恋愛事情が分かる事になると思います。

具体的な事例が手っ取り早いと思います。
キャプチャ
ダシャー的にお付き合いは、やはりメインはカーマハウスである7室が主軸に動きがもたらされるようです。この人がお付き合いする事になった時期は、土星ー金星ー木星期です。

簡単な説明は土星は7室にアスペクトし、7Lからアスペクトされています。金星は単体で結婚のカラカでカーマハウスの11室にアスペクト。木星は7Lでナクシャトラロードは7室にアスペクトする土星です。土星から見ると恋愛を意味する5H。このチャートの持ち主は女性です。この方が好きになった男性のN金星は魚座に在住しています。

トランジット的にはトランジット金星が魚座を通過中に付き合い始めているようです。これは、男性のN金星にT金星が接合している時期にお付き合いをしたことになります。その時期のトランジットは魚座に配偶者を意味する木星、ボーイフレンドを意味する火星も通過中でした。

ハウスを活性化するダブルトランジットは、女性のチャートのラグナから見て4、6、10室に形成されており、月ラグナも同じですが、ダシャーロードから見ると1、7、9室にダブルトランジットが形成されています。ダブルトランジットはラグナから、月から、ダシャーロードから確認作業をすると飛躍的に精度が高まります。

分かったのは、金星は恋愛に関わる惑星なので自分の想い人の金星を発生化されている時期やダシャー期に恋愛が成就する可能性が高い事を意味するようです。普通に考えると1室、7室にT金星が通過する時期が最も適している可能性。付き合うにもT金星のタイミングが重要です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ