FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 ドラゴンの尻尾のラグナへの影響

親愛なる読者の皆様、こんにちは。
アセンダントとその支配星の影響は性格に濃厚に表れるようです。
どちらかと言うと深層のナクシャトラロードの影響が濃いです。

単純な事例ですが
キャプチャ
チャートを見ると木星が支配する射手座ラグナですが、この人は人見知りだと言います。主な性格のハウスは1室ですが、アセンダントムーラナクシャトラに在住し、6、11Lの金星が在住し、同様にムーラに支配されています。

ムーラの支配星はケートゥです。
ケートゥの心理的な象意を読み取ると人見知りになる原因が分かる可能性があります。
普遍性、 感受性、 理想的、 直観、 憐れみ、 精神 性、 自己 犠牲、 敏感。 あるいは、 風変わり、 熱狂的、 爆発的、 暴力、 非 因習的、 非 道徳 的、 偶像破壊 的、 衝動的、 感情 の 緊張。

人見知りになりそうな原因を見ると感受性、敏感、感情 の 緊張等があるようです。ケートゥラグナにあると敏感で感受性が強く、感情 的に 緊張してしまい、その結果がなかなか人との交わりに踏み出せない要因になるようです。

1室の対面は配偶者を意味する7室ですが、金星は7室のカラカであり、金星は7室にアスペクトが働きます。この敏感で感受性が強く、感情 的に 緊張する性格が相当強く機能してしまい、その影響はまともに男性とお付き合いした事がないような原因になってしまう事になるようです。

7室双子座は風星座で水星が支配する陽で二重星座のラーシです。風は軽い要素のコミュニケーションスキルが高く、ゾディアック的に双子座は3室コミュニケーションを司るラーシです。それなので1室が強くケートゥが働いてしまうとどうにも一歩前に踏み出す勇気がないようです。

ケートゥとは、、チャヤグラハ、影の惑星です。一方では、ケートゥはカルマに関連し、過去の人生で行った行為の結果を示し、もう一方では、霊性、解放、およびオカルトと人生の神秘に対する分野に関連しています。それは分離の惑星です。それは物を奪います。しかし、ここで述べたことには、より深い意味があります。ラーフは唯物論的傾向を表していますが、ケートゥは純粋な愛着と人生の幻想的な幸福からの解放についてのものです。ケートゥが機能的に負の要素が強い配置の場合、ケートゥは精神障害、奇妙な傾向、狂気、混乱、不安、緊張、犯罪傾向などを引き起こす可能性があります。

射手座のバダカは双子座であり、同時に水星になります。
ケートゥのディスポジターは、バダカ・スターナの双子座を支配する水星です。

ナクシャトラ的にムーラとは根っこを意味する言葉なのでムーラに在住する惑星やアセンダントが意味するモノや支配する事柄に深く入っていく事になるのですが、この場合は金星とケートゥの組み合わせは、その事柄に分離をもたらす事を意味してしまいます。

ムーラは主ガネーシャ神が支配しているので主ガネーシャ神の恩寵を得る必要がありそうです。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ