FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 縁が生じる相手と7室

親愛なる読者の皆様、今晩は。
とあるチャートを見ていました。

キャプチャ
普通に考えて配偶者7室が鍵だと言われており、経験的にもその通りです。
このチャート7室は火星が支配する牡羊座です。

その星座に木星が在住しています。他の影響はなく、ナクシャトラアシュビニ-支配星はケートゥになり、サブロードは火星です。7室に関してはそれが全てになるようです。

まとめると火星と牡羊座、木星とケートゥで火星は重要な色になります。実際にこの人と縁が生じた相手は金星が支配する牡牛座ラグナの女性でした。金星は男性の配偶者を意味するカラカでこのチャートは男性のチャートです。

正直、牡牛座や金星7室の関連は特にありませんでした。牡牛座は吉星に囲まれており、逆行する土星とケートゥのアスペクトの影響がある程度であり、男性の配偶者金星が司るくらいの影響ですが、5Lは土星です。

7室に与えた影響を女性のチャートで見ると火星から見ると女性のラグナは牡牛座でアセンダントのナクシャトラはムリガシラスなので支配星は火星です。ラグナロードの金星と火星は相互アスペクトの関係にありました。牡羊座は全く影響が皆無でした。木星を見るとラグナに木星のアスペクトがあり、金星は木星が支配する魚座に在住し、ケートゥと緊密に接合していました。

これが7室を精査した情報ですが、7Lをどう見るのか?
木星はDKですが、何を意味するのか?

この二つを精査する事により、ほぼ配偶者のラグナを確定する事が出来ると思われます。ただし、精度を高める場合は、KPシステムの使用が不可欠になると思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ