FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 アシュタマシャニ

親愛なる読者の皆様、今晩は。
日々、色々とサイトを巡回しているのですが、アシュタマ シャニのネタが書いてありました。

アシュタマ シャニ(Ashtama Shani)は、誕生月から8番目の家(月アセンダントとも呼ばれます)を通過するタマスな惑星である土星の不吉な通過です。8 番目の家は、すべての幸運の9番目の家から12番目の損失の家であり、すべての不幸、病気、屈辱、富の損失、投獄、死などを意味します。したがって、 最高の出生図を持っている人々でさえ、出生月から8番目のハウスで土星が通過する間、運の深刻な崩壊に苦しむ必要があるかもしれません。アシュタマシャニは、人々に対する神の裁きの時です。

この8回目の土星通過は、T土星は出生月チャートの10番目、2番目、および5番目の家に彼の悪意のあるアスペクトを投げかけ、それらの家の意味、すなわち、仕事、収入、富、家族、精神的健康や子供等に重大な損害を与え、心身共に酷い苦痛を与える。

事例的に「シュリデヴィ」について書いてありました。
キャプチャ
シュリデヴィはインドの女優さんですが、2018年2月24日に不審死で亡くなっています。

シュリデヴィチャートですが、精度は一応、正確らしい。
キャプチャ
2018年2月24日のアラブ首長国連邦 ドバイ(死亡場所)の時間で見るとT土星は確実に牡牛座月から見て8室射手座をトランジットしていました。これはラグナから見ると6室になるようです。

不審死が起きたマハーダシャーは8室を支配し、マーラカでもある土星でした。
詳細に見ると不審死は土星ー土星ー太陽期に起きたようです。

蟹座ラグナなので7L-7Lー2Lのマーラカ支配のダシャー期での不審死です。不審死の簡単な概要は、2018年2月24日、甥の結婚式に出席するため滞在していたアラブ首長国連邦・ドバイのホテルの一室の浴槽で意識を失い、浴槽内で溺れて死亡した。

この場合、溺死になるようです。土星は水の星座にアスペクトを与え、水の惑星の金星からアスペクトを受けており、太陽は水星座に在住し、水惑星の金星と合の配置になるようです。

正直、ラグナを含めた太陽と金星のナクシャトラはアーシュレーシャなので支配神は蛇の神様のサルパスです。アーシュレーシャが怖いのは、アーシュレーシャー は、 そこ に 入っ て いる 惑星 が どんな 惑星 で あっ た として も、 その 意味 を 妨害 し ます。蛇 は、 不誠実・貪欲・欺瞞・冷酷 などの 性質 と、 恐ろしい 毒 の ある 牙 で 噛む こと で 広く 知ら れ て い ます。この影響は、不審死の真実を追求しても 関係者に妨害され、不誠実、欺瞞と冷酷に対応される事を意味する。

言える事は、アシュタマシャニは良くないのでシャニ神を宥め続ける2年半の時期になりそうです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ