FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 関係の終焉

親愛なる読者の皆様、こんにちは。
海外の様々な掲示板を見ていると別れの時期や再婚ネタ等が色々と質問されています。

別れとは関係の終焉を意味し、再婚とは関係の結合を意味する人生のイベントです。
この二つにはそのような関係のカラカである金星が重要に思えてなりません。

例えば
キャプチャ
金星を見ると損失を意味する12室に在住していますが、この金星が強まる時期になると関係に終わりがもたらされる可能性があります。実際、アンタルが金星期に別れが起きた模様です。7室から見て金星6室になるようです。ナクシャトラロードは別れをもたらすケートゥです。

その時期のヴァルシャハラですが
キャプチャ
金星は最も力がない配置に在住しており、6室と12室を支配する惑星の影響があったようです。ディスポジターの水星は12室に在住していました。

金星は主に愛・結婚、恋愛・結婚問題に関係するので金星が痛んでしまうとその痛みの度合いにより、修復が不可能になってしまうと終焉に至る事になりそうです。7年の関係の終焉の痛みはなかなか辛いものがあるようです。このような行為がヴァーサナに蓄積されて未来のカルマに繋がります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ