FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 夫婦間の不調和の組み合わせ

親愛なる読者の皆様、こんにちは。
夫婦間の不調和に関する情報を読んでいました。

それによると
すべての物質主義的な側面を除いて、人間の生活を動かす最も重要な要素は家族だです。人は富に満足しているとは限らない。しかし、家族がいなければ、人はきっと不幸になるでしょう。お金以外にも、私たちをやる気にさせてくれるものはたくさんあります。結婚生活で失敗を経験した人は、このことをもっとよく知るだろう。占星術的に結婚/家庭生活の成功と失敗を判断できます。

2番目の家と7番目の家の間の接続

2番目の家は家族を表し、7番目の家は配偶者を表します。配偶者家族であり、家族配偶者である。それらのいずれかが苦しんでおり、もう一方がきちんと置かれて配置されている場合、家族生活が引きずられる可能性があります。そのような人たちは、自分たちにも家族と配偶者がいることを世界に示す人生を送るだろう。両方が苦しむと、物事は苦いものになります。彼らの2番目の家と7番目の家が有益な側面と有益なつながりで強くなっているとき、彼らは良い快適な家族生活を楽しんでいます。


良くない組み合わせ

減衰している2室の支配星
減衰している7室の支配星
2室減衰している惑星が在住する
7室減衰している惑星が在住する
2室7室の支配星が減衰する
・6、8、12室に在住する2室の支配星
・6、8、12室に在住する7室の支配星
・火星と土星によってアスペクトされた金星は、結婚生活を破壊します。
7室、または12室の家での金星とラフーの繋がりは、分離を引き起こす可能性があります。
7室、または12室の家での金星とケツの組み合わせは、私生活で問題を引き起こし、最終的には離れることがあります。
凶星の支配するラーシで機能的に良くない2室の支配星
凶星の支配するラーシで機能的に良くない7室の支配星


悪い組み合わせのカラクリは減衰の影響、ドシュタナの影響、凶星の影響になるようです。逆に言うと2室、7室に吉星だけの影響は、良い快適な家族生活を楽しむのは確実です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ