FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 金星(シュクラ)と星座(ラーシ)の関係

親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今回は金星(シュクラ)と星座(ラーシ)の関係を書いていきたいと思います。

主な情報源は「あなたの運命を変えるジョーティシュ占星術」になります。この本の監修者は「人生を照らす光」の方です。

金星(シュクラ)と星座(ラーシ)の関係
1、牡羊座にある人
賢く、感情豊かな人であり、空想家で自然の美しさを好みます。一方、衝動的で冷たいところもあります。物事を気軽に考える性分で、気が変わりやすくあまり道徳感にとらわれません。浪費家で、幸福を得にくい傾向も見えます。

2、牡牛座にある人
金星牡牛座の支配星であるため、ここに有益な影響を放ちます。この人は寛大で、独立心の強いしっかりものです。よい外見、よい体をしており、官能的で楽しい事を好みます。音楽、ダンスなどの芸術に惹かれたり、また、美しい衣服や花を好みます。少々怠惰なところもあります。

3、双子座にある人
誠実で愛情深く、寛大な紳士淑女です。知的で学識があり、信仰深く、芸術や科学にも通じています。物書きにも適しています。人々に人気があり、尊敬を受けたり、裕福にもなるでしょう。また、女性を好む傾向もみられます。

4、蟹座にある人
何事にも巧みで知性的な、リーダーの質をもった人です。優しい人ですが、感情的で過敏なところがあり、疲れやすくもあります。また、臆病で信心深い一面もあります。快適さに恵まれますが、慢性病をもちやすい傾向があります。また、再婚の可能性があり、子供が多いでしょう。

5、しし座にある人
熱情的で感情的な性急さをもち、敵を克服します。いつも優越感を感じていなければ気がすみませんが、物事にはあまり悩まない性格です。また、疲れやすくもあります。この人は、女性に関する事で収入を得る傾向があります。よい家柄の出の人と結婚しますが、子供は少ないでしょう。

6、乙女座にある人
金星乙女座で最も衰弱した状態となり、ここに好ましくない影響をおよぼします。この人は学識があり、賢く話好きな人です。優しい性格で、人に尽くす質をもっています。一方、性的魅力があり、道徳感にとらわれないため不法な関係をもちやすいでしょう。裕福にはなりますが、幸福を得にくい傾向があります。

7、天秤座にある人
天秤座の支配星である金星は、ここでその輝きを放ちます。この人は勇敢で誇り高く、直観力をもった人です。知性のある寛大で哲学的な人で、まわりから尊敬されます。一般によい外見をしており、熱情的で献身的なため、幸福な結婚をするでしょう。また、花や美しい衣服を好んだりもします。世界を幅広く旅行し、ロマンス小説を書く仕事も適しています。

8、蠍座にある人
話好きな人ですが、攻撃的で口論が多いでしょう。独立心が強くよい地位に就きますが、不正を行う、あるいは巻き込まれるという恐れがあります。お金はあまり貯まらないでしょう。また、多情なところがあり、泌尿器系の病気に注意が必要です。

9、射手座にある人
強力なパワーをもち、人々に影響力があり尊敬されます。よい体格をしており、着飾るのが好きで、家庭生活は幸福なものになります。裕福になり、高い地位に就く可能性があります。

10、山羊座にある人
首尾一貫性がなく、功利的なところがあり、道徳感に捉われない傾向があります。よい外見をしていますが、身体はあまり丈夫ではなく悲しみやすい性格でしょう。また、心臓病に注意が必要です。

11、水瓶座にある人
博愛主義者で平和を愛し、貞節を大切にする人です。まわりに人気があり、男性であればハンサムでしょう。

12、魚座にある人
金星は魚座で最も高揚した良い状態になり、ここに大変好ましい影響を与えます。この人は学識者で、人々に尊敬され人気があります。雄弁で賢く、しかも優しい話し方をする、調和的で寛大な人です。洗練されており、快適さや楽しみを好みます。裕福にもなるでしょう。

※ 他の惑星の影響により、ここに書かれている内容に変化が生じる事になります。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ