FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 幸せな結婚の一般原則

親愛なる読者の皆様、今晩は。
結婚関連の本を読むと幸せな結婚の一般原則が書いてあります。

金星に関する事項を見ると

1、金星 の 状態 は 良く なけれ ば いけ ませ ん。 金星 は、 減衰、 コン バスト、 敵対 星位 に ある のは 良く なく、 6 室、 8 室、 12 室 に 在住 する のも 良く あり ませ ん。

2、金星 は、 火星、 ラーフ、 土星 など によって 傷つけ られる のは 良く あり ませ ん。 もし そう で あれ ば、 結婚 生活 の 調和 が 乱さ れ ます。

3、金星 は、 星座 の 境界 付近 に あっ ては いけ ませ ん。


端的に俗にいう惑星の傷が金星にあると金星は結婚のカラカなので結婚 生活 の 調和 が 乱される事になるようです。しかし、金星だけでも軽く、三つも危険事項があるのには驚きですが、これはジェイミニDKにも機能するはずです。

今現在、離婚を考えている人の金星を見ると
キャプチャ
上記に関する金星の事項を調べますと
1ですが、減衰、コンバストは大丈夫ですが、通常の法則で見ると金星は敵対 星位に在住しています。配置は2室です。
2ですが、金星は火星、 ラーフ、 土星の影響はありません。
3ですが、金星の度数は13:02なので大丈夫です。

という事でこのチャートの女性は去年から離婚を考えているようなのですが、金星自体は敵対 星位に在住と逆行している事以外は特に問題にはならないようです。深い原因は他にあるようですが、逆行している金星は意外に弱い可能性が高い。

この人の金星は獅子座に在住です。
獅子座のアシュタカバルガは29点です。

大体、この29歳前後がアシュタカバルガのロジックでは結婚の目安と考えるのですが、金星は凶星の影響がなく、早い動きの吉星である水星の影響のみで多少の婚期の早まりが生じたらしく、27歳になる手前に結婚したようです。ですが、今では裁判を争っているようです。今のダシャーは2016年8月からアンタル期が土星期ですが、土星は6室にアスペクトを与えています。6Lの木星は11室にアスペクトをしています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
現在、多忙につきまして鑑定は停止しておりますのでよろしくお願いいたします。