FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 DKの重要性

親愛なる読者の皆様、今晩は。
ジェイミニ的に結婚に最も重要な惑星はDKそのものです。

単純な事例ですが
キャプチャ
チャートは牡羊座ラグナですが、ラグナから見て7L結婚のカラカの金星です。
月から見ると金星は7室に在住しています。

その金星DKになります。
チャラダシャーでマハー蟹座が2007年01月(24歳) - 2019年01月(36歳)でした。
当たり前のようにこのマハー蟹座期に結婚しています。

ですが、ヴィムショッタリダシャーだとマハー金星期ではなく、マハーケートゥ期の時期に結婚しています。
正直、このチャートでケートゥ期が婚期とは簡単には言えない配置になっています。

ただ、マハーケートゥ期がインド人の結婚適齢期だったという話だけになってしまいます。
マハーケートゥ期は2005年04月(22歳) - 2012年04月(29歳)の時期でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
ただいま、鑑定を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術 結婚の有料鑑定につきまして」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

※ご相談が大変込み合っておりますのでやり取りにはお時間を頂いておりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

結婚に関するカテゴリ