FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 7室ラーフ在住

親愛なる読者の皆様、今晩は。
最近は惑星の基礎の部分を学んでいます。

本日は「7室ラーフ在住」を調べていました。
7室ラーフ在住はこのような事が書かれていました。

7室ラーフ在住は物質的に良い結果を与える。7室のハウスは、一般の人が私たちに対して抱いているイメージです。ラーフはイリュージョン(煙)であり、ラーフは増幅器なので、ラーフが7番目のハウスに在住していることは有名な人になることができます。他の人があなたに対して幻想的なイメージを持つようにします。7室からラーフは11番目と3番目の家にアスペクトしますが、これは高収入や自己実現には良い影響をもたらします。

7室はカーマハウスであり、ラーフは物質的惑星であり、また外国とのつながりを表すのでこの人は外国のパートナーとの関係に深く関わっていることを意味する。7番目の家は旅行を意味し、外国人の人脈等を意味するラーフはその期間に人を外国の場所に送ることができます。この人は異なる民族や文化のパートナーの人と結婚することができます。この人は外国のものを扱って、外国のものに関連したビジネスを持つことができます。」


「7室にラーフが在住する人々は、平等であると認められたい人々です。そのような人々は、文化的に不適切な、あるいは風変わりな潜在的パートナーに引きつけられる傾向がある。この人はしばしば、人生のパートナーとの異常な状況に陥ってしまう。時には、そもそも起こるべきではなかった結婚や取引、契約に関わることもあります。初婚はしばしば社会的地位を高めます。

一方または両方のパートナーが結婚の内外でリスクを負う可能性があり、7室ラーフ在住は、忠実さを示す指標ではありません。これらの人々はしばしば外国人の人々や社会的地位を築いている人々に約束をする。これらの約束は結婚、同盟、取り引き、契約、交渉の形である場合などです。パートナーシップに伴う責任が不明確なため、彼らは不満を感じ、パートナーシップに欠陥が生じる。」


本来、7室ラーフ在住、は結婚生活に有害であると考えられています。
実際には、物質的に良い結果を与えるや有名な人にする。
高収入や自己実現等の好材料もあるようです。
常に異なる民族や文化のパートナーとの繋がりが生じるようです。

事例的に7Hラーフですが
キャプチャ
情報的にはラグナ&金星から見た7室にラーフが在住しています。
チャートの持ち主は、結婚が幸せな結婚と呼ぶことができる女性のものだという。

結婚は2015年2月15日に結婚です。
ダシャーは木星ーケートゥー木星期に結婚しています。

マハー&プラティ木星は7Lです。
ケートゥのディスポジターはラグナロードで木星から見た7室に在住する水星です。
水星のナクシャトラはマガーで支配星がアンタルのケートゥになります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
現在、多忙につきまして鑑定は停止しておりますのでよろしくお願いいたします。

最新コメント