FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 ナクシャトラの影響

親愛なる読者の皆様、こんにちは。
結婚生活は難しいらしいです。

キャプチャ
チャートは金星が支配する牡牛座ラグナです。
結婚を司る7L火星は恋愛の5Lと5室で接合です。

結婚は恋愛結婚でした。
結婚したダシャー期は太陽ー土星ー水星期でした。

この三つのダシャー期は全てナクシャトラの支配星が太陽でした。

具体的には
太陽のナクシャトラはU.Phalgunīで支配星は5Hの太陽。
土星のナクシャトラはでU.Ashadhaで支配星は5Hの太陽。
水星のナクシャトラはU.Phalgunīで支配星は5Hの太陽。

ナクシャトラの影響恐るべしですが、結婚して4年が経つようですが、結婚生活は全然よくないそうです。その原因の一つは結婚生活を意味する8室の影響です。8室にはラーフが在住し、8室には火星のアスペクトがあります。この影響は、夫が身体的にも言葉的にも暴力的になるようです。木星の緩和が機能しないのでしょうか?

8室は元々不吉なハウスですがアシュタカヴァルガを見るとワーストの21点でした。一段と苦みが増し、今のトランジットはT土星が通過中です。T土星のアシュタカバルガは2点なので相当低い点数です。

という事で人は結婚してもチャートバランスが悪いと苦しい日々を過ごす事にもなり得るので「注意」が必要になりそうです。特に暴力的なカルマがある人は結婚しないのも選択の一つになりそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
現在、多忙につきまして鑑定は停止しておりますのでよろしくお願いいたします。

最新コメント