FC2ブログ

記事一覧

インド占星術の結婚 T金星の重要性

親愛なる読者の皆様、こんにちは。
いつもの通りにチャートを見たいと思います。

本日のテーマはトランジット金星の重要性です。
端的にT金星7LDKと絡む時、異性に惹かれる、意識する時期になる可能性があるようです。

D1とトランジットチャート
キャプチャ
海外サイトのネタですが、この男性が結婚に関する質問をした日が1月23日でした。
時間までは不明です。

チャートを見ると月が支配する蟹座ラグナで7Lは土星になり、同時にDKも土星なのでこの場合は、土星は慎重に動く惑星なので結婚イベントは7室が活性化されない限りは「晩婚」になりやすい傾向が出てしまいます。

今現在の年齢は33歳なので十分に結婚適齢期そのものです。
土星を見ると土星は5室の蠍座に在住しており、質問時のT金星は蠍座を通過中だった事になりそうです。

という事で見事に7LDKT金星には強い絡みがあった事が分かります。
より詳細に見るとT金星ナクシャトラ的にジェースタを通過中でした。ジェースタの支配星は水星ですがN水星は蠍座に在住していました。トランジット金星とN水星の経度ですが

N水星は19:43
T金星は22:46なので約3度の近さだった事になります。

何より何故に異性に惹かれるイベントが起きやすいかといいますと3室N火星と5室N水星との星座交換が起きていたからになりそうです。今回のケースに関しては間接的には7LDKが関与していましたが実質的には星座交換がイベントを起こした事になりそうです。その時のダシャーは金星ー火星ーラーフ期だったようです。ラーフのディスポジターは火星なのでやはり星座交換の影響は濃厚です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

インド占星術のご案内

ナーラーヤナ

Author:ナーラーヤナ
現在、多忙につきまして鑑定は停止しておりますのでよろしくお願いいたします。

最新コメント